沖縄そばの歴史

料理 沖縄のブログ

プロフィール

料理沖縄イメージ

関西に住む沖縄大好きな男性です。新婚旅行も沖縄に行きました。フェリーでも飛行機でも行きました。沖縄最高!

沖縄料理は、別名琉球料理とも言われます。本土と気候が違うため栽培される植物も異なるため、独特の郷土料理です。

海に囲まれている割には魚料理は少なく、薩摩料理や台湾料理の影響を受けているほか、中国の医食同源の影響もあります。このため、沖縄には長寿の人が多いという説もあるようです。

肉類は、豚肉が最も消費され、一頭の豚を頭から足先まで料理に利用します。

キーワード

Sponsored Link

沖縄そばの歴史

最初に那覇にそば屋を開いたのは中国の人であったらしい。その後、比嘉さんという人がそば屋「ベェーラー」を開店した。当初の沖縄そばは、本土の支那そばと同じようなものだったらしい。

大正時代になると、沖縄においてそば屋が次々と開店し、豚肉の細切れとねぎに加え、かまぼことショウガをのせた具の「ウシンマーそば」や店の屋号入りの椀やカキ氷を販売していた「井筒屋」、分業体制で効率化を図った「ゆたか屋」といった店が登場した。

現在の沖縄そばのような透明なだしは、ゆたか屋の発明。それまでは、しょうゆをたっぷり入れて黒いだしが主流だったが、塩味を効かせただしでしょうゆの量を減らしたのがその始りです。

しかし、戦争により、沖縄そば屋も多くが被災。戦後に米軍占領下で小麦粉が出回るようになるにつれ、「井筒屋」「三角屋」「万人屋」などの人気店が営業を再開した。

1970年代には沖縄が本土へ復帰し、豚のあばら肉(スペアリブ)を甘辛く煮込んだソーキを具にのせたソーキそばの登場により、一気に沖縄そばの人気が高まった。これ以来、沖縄そばの具には様々な沖縄料理が使われるようになった。

ちなみに、沖縄そばは、うちなーすばとも呼ばれ、本土で言う蕎麦を指す場合は、「日本そば」「ヤマトそば」という。また、製法的にはそばというよりも中華麺に近いが、だしや麺の太さから食感はうどんに近い。

そば粉が使用されていないのにそばと呼称する沖縄そばの名称をめぐっては、公正取引規約により、軋轢もあったが、沖縄県内で生産され、仕上げに油処理を行うなどの条件を備えていれば、使用が許可されることとなった。その日を記念して10月17日を沖縄そばの日としている。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。